2017-09-29(Fri)

超絶技巧の高速ピアノ連弾、“鍵盤男子”がワーナーミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー

 繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニストの大井 健(おおいたけし)と、あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作曲家の中村匡宏(なかむらくにひろ)からなるピアノ・デュオ“鍵盤男子”(けんばんだんし)が、この冬にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャー・デビューすることが8月5日(土)に東京・築地 浜離宮朝日ホールで発表されました。

 鍵盤男子は、2011年に結成。オペラ・ユニット“LEGEND”の伴奏者を経て、あらゆる音楽をピアノで表現する、“未来型鍵盤デュオ”として活動を始めました。ジャンルに囚われない独自の音楽性とプレイスタイルを持ち味とする二人は、YouTubeチャンネルにもたびたびJ-POP楽曲などを投稿。『RADWIMPS「前前前世」 をアレンジして弾いてみた。』などで話題を呼んでいます。

 個々の活動も多岐にわたり、大井は2016年11月よりソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia」のTV-CMに出演。気品と男らしさを兼ね備えたルックスで、幅広い年齢層の女性ファンに実力・人気の両面で支持され、テレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞ ピアノ王No.1決定戦」「関ジャニ∞のTheモーツァルト」、NHK「うたコン」などのメディアにも積極的に出演しています。2015年にはキングレコードからメジャー・デビューも果たしており、これまでにデビュー作を含めソロ・アルバム2枚を発表。

 中村は、学位も取得している音楽博士の知識を活かした活動を展開。これまでに林部智史(avex trax)の楽曲アレンジ、ピアニストや、オペラ・ユニット“LEGEND”の楽曲アレンジなどを担当するほか、新垣 隆のアルバム『新生』『連祷』収録のピアノ協奏曲「新生」の指揮を務めるなど、作曲家 / 編曲家 / ピアニスト / 指揮者としても活躍しています。

 ワーナーミュージック・ジャパンより今冬リリースする作品は、“あらゆる音楽をピアノで表現する”ことをテーマに掲げ、オリジナルの新曲、名曲カヴァーなどを中心に目下制作中。なお9月には長崎・佐世保 アルカスSASEBO 中ホールで〈鍵盤男子コンサート2017 The future of piano アルカスSASEBO〉、11月には東京・品川プリンスホテルアネックス3F クラブexで〈鍵盤男子デビューコンサート Anniversary Special Live The future of piano〉が開催されます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スーパーフード
メルマガ登録
*メールアドレス

sammydress
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
スマホ料金もっと安くしたい・・・だったらLIBMOです
戸建て用宅配ボックス
必要なとき必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタント【フジ子さん】