2017-09-29(Fri)

「最強ピアノ王No.1決定戦」で、過去最難関の厳しい機械判定に世界的ピアニストたちも失格者続出!?

「最強ピアノ王No.1決定戦」で、過去最難関の厳しい機械判定に世界的ピアニストたちも失格者続出!?
9月29日(金)に第5弾が放送される「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)で、「最強ピアノ王No.1決定戦」に参戦する黒木雪音が番組史上初の2連覇を狙う。

【写真を見る】番組初の2連覇を狙う黒木雪音の演奏の結果は!?

楽器の演奏や歌の正確性などを競い合い、今回で第5弾となる同番組はMCを関ジャニ∞の村上信五、安田章大、大倉忠義が担当。「最強ピアノ王No.1決定戦」のトーナメントでは、世界クラスのピアニストたちが熱き戦いを繰り広げた。

出場者の最年少は北海道出身の15歳・岸本龍之介。2016年に開催された「第70回全日本学生音楽コンクール全国大会」中学生部門で第1位に輝いており、今大会注目の日本一の中学生だ。

また、世界的ピアニストとして活躍した故・中村紘子の愛弟子である水谷桃子も参戦。2012年には、「ニューヨーク国際ピアノ音楽祭・ドロシーマッケンジーアワード」で優勝を果たし、さらなる飛躍を誓う。

さらに、アメリカから同番組の出演のためだけに初来日したヘンリー・クレイマーが登場。ジュリアード音楽院とイェール大学音楽院、両方の修士と学士の学位を持つアメリカ・クラシック界の超エリートが、対戦者と容赦ないジャッジを下す機械が相手となる番組独自のピアノマッチに挑む。

そして、前回の王者として“最強の音大生”黒木雪音が登場。髪をショートボブに切り揃え、常に微笑みを浮かべながら弾くその姿は、まるで人気漫画「のだめカンタービレ」(講談社)から抜け出たヒロイン・のだめのよう。そんな黒木が、番組史上初の連覇に挑戦する。

ほか、ピアノだけでなく端麗な容姿でも人を引き付け、「ミス日本コンテスト2016」で東日本大会に進出した中村芙悠子、世界三大ジャズフェスティバルで認められ、クラシックやジャズ、作曲の分野で才能を発揮する細川千尋、英国王立音楽院を首席で卒業して指導者としても一流の腕をふるう麗しきママピアニスト・加納裕生野、ドイツの名門・フライブルク音楽大学で経験を積む松岡優明という華々しい経歴と実力を誇るピアニストたちが続々登場。普段、演奏している場とはまるで違うステージ上で、激しいピアノバトルを繰り広げる。

だが、今回は10回ミスをすれば即失格となってしまう、厳しいジャッジをルールとして採用。演奏の途中でも容赦なく即失格となってしまうため、ミスタッチはおろか、音抜けやタイミングのズレなども許されない。

最初の難関は、ショパンの「革命のエチュード」、リストの「ラ・カンパネラ」、ベートーヴェンの「トルコ行進曲」、ショパンの「幻想即興曲」という、世界的に有名な難曲ばかりだ。勝負の行方を見守っているヒロミも、「どこを間違えたかわからない」とピアニストたちの腕前に驚く。村上佳菜子や森泉も、世界的ピアニストたちの本気の対決を目の当たりにし、祈るように見つめるばかりだった。

果たして、過去最難関の機械判定に苦しみながらも、頂点に立つのは一体誰なのか!? ほか、新妻聖子が5連覇を狙う「最強カラオケ王No.1決定戦」も開催される。

■ 「最強ピアノ王No.1決定戦」対戦カード

【ファーストステージ】

■対戦曲 ショパン「革命のエチュード」

挑戦者=岸本隆之介、中村芙悠子

■対戦曲 リスト「ラ・カンパネラ」

挑戦者=ヘンリー・クレイマー、細川千尋

■対戦曲 ベートーヴェン「トルコ行進曲」

挑戦者=水谷桃子、加納裕生野

■対戦曲 ショパン「幻想即興曲」

挑戦者=松岡優明、黒木雪音
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スーパーフード
メルマガ登録
*メールアドレス

sammydress
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
スマホ料金もっと安くしたい・・・だったらLIBMOです
戸建て用宅配ボックス
必要なとき必要なだけ仕事を頼めるオンラインアシスタント【フジ子さん】